才能・能力・感性遺伝子検査 才能・能力・感性遺伝子検査キットは遺伝子検査で能力・才能・感性・学習力などをご報告します。

子ども"能力・感性"遺伝子検査

子どもの能力開発は3歳からスタート
お子様の持つ『潜在能力 Potential』や『感性 Sensibility』の
可能性を遺伝子レベルで覗いてみませんか?

人は肌や髪や瞳の色、背が高い低いなどの体型、アレルギー体質など
両親から受け継いだ遺伝子をもらってこの世に誕生します。
そして、音楽の才能、絵の才能、運動能力、学習能力などもDNAの影響を受けています。

得意を知る!得意を伸ばす!

MORE MORE

能力・感性遺伝子検査

能力・感性遺伝子検査

お申し込み お申し込み


能力・感性遺伝子検査

子どもの可能性を知る必要性

遺伝子レベルで能力や感性を知ることは、
子どもの可能性を知ることに繋がります。

幼いうちから才能を伸ばし
大成した天才は数多く存在します

  • 幼い内から才能を伸ばし大成した天才は数多く存在します

     幼いころから、幼少教育をうけていた有名人はたくさん居ます。

     錦織圭 選手
    3歳でラケットを振り、5歳でテニスを始める。2007年に17歳でプロ転向後、翌年のデルレイビーチ国際選手権でツアー初優勝し、同年8月に行われた全米オープンテニスでは、 日本人男子シングルスとして71年ぶりにベスト16に進出するなど、日本を代表するトップアスリートと言える。

     浅田真央 選手
    3歳からバレエを習い、5歳でスケートを始める。競技歴のない母は浅田を強くするためにトレーニングの本を購入し独学で学び。 長野五輪を制したタラ・リピンスキーの演技を映像で見て、研究を行い。母は「素人が何をやっているんだ」という声にも娘の素質を信じ動じませんでした。 2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。2014年ソチオリンピック日本代表(6位)。2008年、2010年、2014年世界選手権優勝。 グランプリファイナル優勝4回。2010年バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて、1つの競技会中に3度の3回転アクセルを成功させた。日本を代表するフィギュアスケーターである。

     石川遼 選手
    幼児期にゴルフボールで遊びだし3歳頃からゴルフを始め、10歳に初試合出場、11歳で初優勝しゴルフに専念するようになる。2008年1月10日、記者会見を行いプロ転向を宣言。 16歳3か月24日の史上最年少のJGTOツアープロとなる。2009年ジャパンゴルフツアー表彰式では、史上初の9冠に輝くなど、日本を代表するプロゴルファーである。

     藤井聡太 四段
    幼児教育を受け、5歳のときに祖父母から将棋を教わり、将棋教室に通い始める。 第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝。同年10月にはJT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部で優勝。2016年、年齢14歳2か月でプロ棋士(四段)となる資格を得た。 2017年4月4日王将戦1次予選に勝ち、プロ初対局初勝利から無敗で11連勝を記録。その後も連勝は続き、デビューから無敗のまま歴代最多連勝記録を更新し連勝記録は29連勝。

     幼児教育を受けた有名人(海外編)
    ・Amazonの共同創設者ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)・Googleの共同創業者セルゲイ・ブリン(Sergey Brin) ・Wikipediaの共同創始者ジミー・ドナル・ウェールズ(Jimmy Donal Wales)・Facebookの共同創業者マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg) ・経営学・社会学の父ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)・第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ(Barack Obama)など

いろいろな習い事をさせてあげたい!

『子どもには無限の可能性がある。それを見つけて伸ばすのは親の役割』

  • いろいろな習い事をさせてあげたい!

     水泳、英会話、ピアノ、体操、フィギュア スケート、野球、サッカー、ダンス、バレエ、空手、弓道、そろばん・・・。 でも・・ぜんぶはムリ!
     それに、なにを優先させれば良いの? 子どもの適正は?

     子ども一人・1ヶ月 当たりの習い事の平均は1.92個で、合計費用は 13,091円です。年間で考えると157,092円となります。 そして進路に大きく関わる高校生の学習塾の平均費用は142,063円 掛かるというデータが文部科学省の調査で分かっています。

     もし、その子の得意と苦手が分かれば、そして、できれば早いうちに見極められれば、その子の未来の道は確実に広がります。

幼児教育を受けても伸びない子がいるのはなぜ?

  • 幼児教育を受けても伸びない子がいるのはなぜ?

     為末大さんの著書『諦める力』(勝てないのは努力が足りないからじゃない)

     『諦める力』 ~好き!だけではダメなんです。~
    「ポテンシャルがない場合は、どんなに努力を重ねても世界大会でトップクラスの成績を残すことは、不可能に近い。 ビジネスの世界でも、同様のことが言えると思う。【本文より】」

     ある分野で有名になっている、プロフェッショナルになっている方々は、自分の得意と苦手、ポテンシャルを見抜くということができています。
     幼少期は自分では判断できない、分からないでしょうから、親が子どもの得意と苦手を知り、子どもの意思を尊重しながら導くことが重要であると言えます。


早く"素質"に気づいてあげる

"能力・感性"遺伝子検査は、早期に"素質"を知ることができます。

子どもの能力に応じて、得意を伸ばし苦手を克服してあげたい!

近年、幼児教育の重要性が認識されはじめています。
これは、科学的にも証明されてきています。

才能逓減の法則

産まれて間もない頃から脳の発達は物凄い速さで進んでいきます。

子どもの脳や神経の発達は 3歳でほぼ80%が完成 し、そこから穏やかに成長を続け
6歳で90%-12歳でほぼ100%の成長 となります。
それ以降は、"素質"が伸びる可能性は限りなくゼロに近くなってしまうということです。

そのため、子どもの年齢が低いうちに"素質"に気づいてあげれば、
得意な素質を多く伸ばしてあげることができます。
また、苦手を克服し得意を増やすことにもできます。


検査を受ける4つのメリット

子ども"能力・感性"遺伝子検査を受ける4つのメリット


アイジーノが選ばれる理由が選ばれる理由

  • 自社検査だから早い!安い!高精度!

    自社検査だから
    早い・安い・高精度!

    more

  • 業界最多17の遺伝子を検査

    業界最多
    17の遺伝子を検査

    more

  • わかりやすいの詳細な報告スタイル

    わかりやすいの
    詳細な報告スタイル

    more

  • 遺伝子から見る潜在能力

    遺伝子から見る
    潜在能力

    more

MORE MORE

お申し込み お申し込み



メディア・出演

TVasahi スーパーJチャンネル

前のページにもどる