遺伝子と潜在能力・感性

  • DNAと潜在能力

     生命の設計図とも言われるDNA。
    DNAはどのようにして潜在能力や感性に影響しているのでしょうか?

     DNAは部位によって働きが異なります。子供に受け継がれ遺伝情報となる部位や細胞の分裂を促す役割を持つ部位、まだ機能がわかっていない部位もあります。 その中でSNPと呼ばれる個人の特徴を生み出す要因となっている部位が存在します。

     

    SNPと遺伝子

  • 遺伝子情報の本体

     SNPとは人の持つ小さな遺伝情報の違いのことで、一塩基多型 (いちえんきたけい、Single Nucleotide Polymorphism)とも呼ばれています。

     ヒトは約30億の塩基対(遺伝情報は塩基と呼ばれる4つの化学物質が2つずつ対になる形で保存されている)を保有し、 その配列には人種や個人間で異なる部分があり、1つの塩基だけが別の塩基に置き換わっているものをSNPといいます。

 このSNPは遺伝子領域に約100万ヶ所存在すると考えられており、これらのSNPの中には、体内で作られる酵素やタンパク質の量、発現の時期、機能などに違いを生み出すものがあります。

 この違いは、体質の違いや、感受性、特定の病気へのかかりやすさ、などの個人差を生み出す要因になっているとされており、現在、様々な研究機関でその関連性が研究されています。

 

MORE MORE

お申し込み お申し込み


前のページにもどる