気になる「肌の酸化」!専門家が解説いたします。


    「肌の酸化」対策には活性酸素管理が大事!!

  • 肌の酸化

     “肌が錆びる”という言葉を聞いたことはありますか?

     金属が酸化して錆びるように、肌も酸化してボロボロになってしまうのです。 「肌の酸化」が進むということは、結果的に「しわ・たるみ」や「シミ」ができやすく なることにもつながります。


    • 活性酸素を発生させすぎないように注意!

    •  「肌の酸化」は、体内で発生した活性酸素によって引き起こされます。


       活性酸素には、ウイルスや細菌から細胞を守るという役割もありますが、多すぎると私たちの細胞も攻撃してしまいます。 皮膚細胞への攻撃もありますが、コラーゲンの生成を抑制したり、コラーゲンの分解を促進したりする働きが確認されています。


       この働きが、「しわ・たるみ」や「シミ」ができやすくなる要因の一つとなっています。


       活性酸素は、体の生体活動の中で"必ず"発生しますが、ストレスなどの外的要因によって過剰に発生してしまう場合があります。 活性酸素が発生しすぎないよう、生活の中で気をつけることが大事です。


       私たちの体は、発生しすぎた活性酸素を取り除くための働きも存在しています。 活性酸素を取り除く働きがある抗酸化物質を生成したり、 抗酸化物質の働きを促進する酵素も生成しています。


       その中で、グルタチオンペルオキシダーゼ 1(GPX1)は、過酸化水素の分解に関係した酵素です。
      この酵素の活性が弱いと、過酸化水素を分解が効率よく進まないといわれています。 また、グルタミン酸システインリガーゼ修飾因子(GCLM)は、抗酸化物質グルタチオンの生成に関係した酵素です。 この酵素の活性が弱いと、グルタチオンを効率よく生成できないとされています。


       これら 2 つの酵素の活性が弱いかどうかによって、「肌の酸化」が進みやすいかどうか判断します。 あなたの肌はどうなのか、遺伝子検査で調べてみましょう。


    美肌対策遺伝子検査 美肌対策キットは遺伝子検査で体質別に効率的な美肌対策

    前のページにもどる