専門家の眼

気になる「しわ」「たるみ」対策にはコラーゲンが大切!、専門家が解説いたします。


    「しわ」対策にはコラーゲンが大切!

  • しわ

     老化現象のひとつである肌の「しわ」。

     じつは「しわ」には種類があり、皮膚の表面で起こる「小じわ」と皮膚の深部で起こる「深しわ」さらに、急激な体重の変化や筋肉の影響によるしわもあります。

     簡単なケアで解消できるものもあれば、 美容外科・美容皮膚科でないと消すのが難しいしわもあります。

     一般的には、加齢による皮膚機能の低下による場合が多く、この機能も遺伝が影響しています。

     自身の肌質が分かれば、日頃のスキンケアによってしわの発生を防いだり、あるいは遅らせたり、また、しわが発生した後でも、早めに対処すればそれを消すことも可能になります。


    • 「たるみ」対策にはコラーゲンが大切!

    • たるみ

       年齢より老けた印象を与えてしまう肌の「たるみ」。

       単に加齢だけが「たるみ」の原因というわけではないのです。 日常生活の不摂生が原因になることもあります。

       みなさん、若く見られたいですよね?

       コラーゲンが重要なのはみなさんもご存じだと思います。しかしそのコラーゲンは飲んでも食べても塗っても効果はありません。
       コラーゲンなどのタンパク質はを食べたり飲んでも腸内で分子レベルまで消化されてしまいます。また、塗っても分子が大きすぎて細胞まで届きません。

       ようするに、自分の体で作りだすしか方法はないのです。

       この機能を遺伝子的に調べ、どのような美肌対策が「あなたに」有効なのかをご報告します。


      • コラーゲンは質も量も大事です!

      • 「しわ」「たるみ」どちらも様々な要因でできてしまいます。

         特に、肌の弾力が失われることで、解消できるはずの「しわ」が解消できなくなったり、 顔の筋肉や皮膚の位置を維持できずに「たるみ」ができたりします。


         この肌の弾力性には、皮膚の深い部分に存在するコラーゲンの量、状態がとても大切です。

         コラーゲンの量が少なかったり、老朽化が進んだりしてしまうと肌の弾力性が失われてしまいます。

         老朽化したコラーゲンを分解する必要がありますが、分解されすぎるとコラーゲンの全体量が少なくなってしまいます。


         コラーゲンの中でも皮膚の真皮に多く存在するのは、Ⅰ型コラーゲンです。

         Ⅰ型コラーゲン等を分解するタンパク質分解酵素マトリックスメタロプロテアーゼ1(MMP1)の遺伝子を検査することで、 ふつうよりもコラーゲンが分解されやすいのかどうかを調べます。

         コラーゲン分解がされやすいかどうかによって、「しわ」「たるみ」ができやすいかどうか判断します。 あなたの肌はどうなのか、遺伝子検査で調べてみましょう!


      お申し込み お申し込み



      前のページにもどる