精液判定、その付着物は、ヒト由来の精液か否か。また、その物に、ヒト精液が付着しているか否か。さらに、その精液は誰のものか。これらの検査法を、精液判定と呼びます。

精液判定

東京自社DNAラボ

 その付着物は、ヒト由来の精液か否か。
 また、その物に、ヒト精液が付着しているか否か。
 さらに、その精液は誰のものか。
 これらの検査法を、精液判定と呼びます。

 DNAは、身体組織の白血球、精液、毛根を含む身体のほとんどの細胞に存在しています。

 何らかの理由により付着した血痕や体液、組織片から遺伝情報を読み取り、それが誰のものであるか識別ができる、と言うことなのです。

 これらの技術は、科学捜査に用いられ発展してきました。
 私たちのラボでは、さまざまな資料からのDNA抽出及びDNA型の判定を最も得意とする分野と位置づけ、技術開発と研究を行っています。

 複雑な事情の試料などは、お電話・メールなどでお問い合わせ下さい。


精液判定の方法

 精液判定は、以下の検査を総合的に判断し、判定を行います。

・光学検査:紫外線照射を用い陰性か陽性か判定する。

・酸性ホスファターゼ試験検査:前立腺由来酵素を用いた発色反応検査。

・精子鏡検査:染色して顕微鏡検査。

・血清学的検査:試料から抗原や抗体を検出し陰性か陽性か判定する。

 ※試料の状況/状態に応じて、これらの検査を選別または応用し実施します。


 総合的な判定結果を経て「陽性」と判定された場合「DNA型検査」に移行することも可能です。


精液判定


項 目 内 容
目 的 確認検査 (その斑痕が「ヒトの精液か否か」)
報告方法 「検査回答書」作成渡し(レポート形式)
検査単位 1検体
検査費用 58,000円
検査期間 約2週間でご報告


お 申 し 込 み お 申 し 込 み


分割払い可能なクレジットカード対応です


※費用について
 試料の状態により、試験方法や検査試薬を変更する必要がある場合、一部加算される場合も御座います。
これらの場合、検査前にご連絡し、ご相談させて頂きます。
(例:試料の汚染・経年・劣化の場合など)

精液斑痕からのDNA個人識別


項 目 内 容
目 的 個人の特定 (精液斑痕からDNA型個人識別)
報告方法 「検査回答書」作成渡し(レポート形式)
検査単位 1検体
検査費用 68,000円
検査期間 約3週間でご報告


※精液判定で陽性となった場合やヒト精液と推認される物質からDNA判定を行います

斑痕から精液判定+DNA判定のセット


項 目 内 容
目 的 個人の判定(上記2検査のセットです)
報告方法 「検査回答書」作成渡し(レポート形式)
検査単位 1検体(通常費用¥126、000
検査費用 108,000円(お得)
検査期間 約3週間でご報告。


※検査の結果を早く知りたい時に有効です。

斑痕からのDNA個人識別-男女別


項 目 内 容
目 的 男女別の判定 (混合斑痕から女性/男性別のDNA型判定)
報告方法 「検査回答書」作成渡し(レポート形式)
検査単位 1検体、2検査実施(通常費用¥128,000
検査費用 98,000円(お得)
検査期間 約3週間でご報告


※瘢痕が男女2名以上の混合と推認される場合、
 男女別々にDNA抽出し2名分のDNA型を判定します。

お申し込みの方法

1)検査に関する相談

・お電話・メールなどでお問い合わせ下さい。

2)HPから簡単!お申込み

・HPのカートページから簡単にお申し込みできます。

3)検体 ご郵送

・検査する検体をご郵送下さい。

4)検査開始

・検体到着後、検体状況を確認し検査に入ります。

5)ご報告

・ご指定の住所に報告書(鑑定書)を郵送いたします。※ご一緒にお預かりした検体もご返送いたします。

7)フォロー

・検査結果や事後対応などに関して、ご質問・ご相談など、丁寧に対応させて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。


前のページにもどる


Amazon

採用情報

DNA JAPAN

検査・費用の一覧

DNA鑑定

遺伝子検査

鑑定の実例

当社の案内

お問い合わせ

無料!ご相談・お問い合わせ

    無料!ご相談-DNA鑑定と遺伝子検査のDNA JAPAN

ガイドライン

私たちDNA JAPAN INC,では、日本法医学会指針、日本DNA多型学会指針、
              経業省遺伝情報カイドラインを遵<守し、厳格な品質管理、個人情報管理のもと、検査を実施しております

DNA講座

Partners/パートナーズ