血縁関係の種類

血縁関係の種類

血縁鑑定では、被検査者間の遺伝形質を調べる事により実施されます
そして、その遺伝形質の濃さにより、判定する方法が変わってきます

同胞鑑定

親子関係も兄弟姉妹間関係も、同じ第一度の血縁関係にありますが、判定方法は全く異なります。

同胞鑑定

半同胞鑑定

半同胞鑑定では、ゲノム占有率が25%しかない事から2者間の鑑定では判定不能に陥ります。
その為に、同一半同胞者を複数人検査する必要があります。

半同胞鑑定

半々同胞鑑定

第三度血縁関係では、生物学的血縁判定は困難になります。
その為に同一母系譜者なのか同一父系譜者の判定を行います。

半々同胞鑑定

家系譜-ゲノム占有率-略例

同族間血縁鑑定で、数名以上の参加被験者が必要なのは
下記ゲノム占有率を参照いただけると分かりやすいかも知れません。

家系譜-ゲノム占有率-略例

兄弟姉妹間の血縁者でも、全く同じDNAを継承している訳ではありません。

家系譜-性染色体-略例

現在、広く用いられているSTR法は、個人識別には長けていますが
血縁者間の識別能力は、けっして高いとはいえません。
STR法は、父子母のトリオ鑑定では・・安定した高い精度が得られます

ですが・・第二度血族や第三度血族になると
尤度比の計算は出来るものの、あやふやな判定になりかねません

そこで、考えられる技術を併用します
STR法に加え、 男性から男性に遺伝されるY染色体のSTR
母系遺伝するミトコンドリアDNA(mtDNA)
これらを追加検査することで、尤度比の上がりにくい血縁関係を 証明していきます。

家系譜-ゲノム占有率-略例 家系譜-ゲノム占有率-略例

現在は、STR法とY染色体とmtDNAを使用する
血縁関係のDNA鑑定がグローバルスタンダードになりつつあります。

お問い合わせ

弊所では、DNA鑑定に関する専門研究者が
ご不明点、ご質問など、解りやすく丁寧に、対応させていただきます。

ご相談もお気軽に、お電話やメールなどでお問い合せ下さい。

鑑定に関するお問い合わせ

前のページにもどる