よくある質問

 みなさまから寄せられる質問をまとめてみました

 DNA鑑定の、よくある質問

Q:DNA鑑定とは、何ですか?
A:DNA鑑定あるいはDNA型鑑定とは・・
 DNA多型の存在する部位を検査し、それが誰のDNAのものであるのかを特定することによって、個人識別を行うことです。
 子のDNAは父と母から1対ずつ受け継がれるため、それを利用し親子鑑定をおこないます。
 現在、用いられている検査の方法は、DNAの塩基配列そのものではなく、4塩基を1単位とする繰り返し数をもつ部位(DNA多型領域)を検査します。
 ですから、私たちは、DNA鑑定というよりDNA型鑑定と称しています。 血液検査を血液型検査と呼ぶのと同じと考えると簡単かも知れません。
Q:遺伝子診断について
A:遺伝子診断とは・・
 DNAを調べ、その方がどのような体質なのか、またどのような遺伝子を持っているかを調べることで、どのような病気の症状が起こりやすいのかを推定することを遺伝子診断と呼びます。
Q:一般からの遺伝子診断を受け付けていますか?
A:一般からの遺伝子診断は行っていません。
 お取引は医療機関のみとなっております。
 検査の有効性が認められている遺伝子の検査は、病院にて健康保険を用いて検査を行うことができます。
 また健康保険が使用できない遺伝子検査については、自費診療となりますが専門の医療機関で扱っておりますので一度カウンセリングを受けられる事をお勧めいたします。
Q:浮気のDNA鑑定は、どんなことが分かりますか?
A:3種類の検査が可能です。
 1つが精液かどうかを調べる精液検査。
あと2つが精液のDNA鑑定と女性の体液や皮脂などに由来するものからのDNA鑑定になります。

 3つの検査を(通常価格¥136,000)を 98,000円 で行う「浮気パック」という検査をお勧めしております。
単品でお申し込み頂くより、お安く早く検査結果が受け取れます。
詳しくはご相談下さい。
Q:DNA個人識別(物体検査)とは、なんですか?
A:さまざまな試料からDNA抽出しそれは誰なのかを調べる検査です。
 ヒトは様々な場所に、目に見えない痕跡を残します。
異物混入や怪文書、浮気の判定、痴漢えん罪判定、血痕斑痕や精液判定、さらに親子関係などの血縁鑑定など、じつに幅の広い検査です。
詳しくはお問い合わせ下さい。
Q:父と子だけで親子鑑定は可能ですか?
A:父と子だけでも、DNA鑑定可能です。
 DNA鑑定は、非常に高い識別判断能力があるので、母親が参加できない場合でも、親子鑑定することができます。
Q:母と子の親子鑑定は可能ですか?
A:はい。可能です。
 料金は父子鑑定と変わりありません。
体外受精をした方など確認のために母子を希望する方も多くいらっしゃいます。
Q:検査解説書とは、なんですか?
A:最高裁判所の指導書式に従い検査詳細を記載しています。
 遺伝の法則やDNA鑑定の考え方、検査に用いた分析装置であったり使用した検査試薬について、検査結果の評価、検査結果に至った理由などが書かれた、約20頁の解説書になります。(但し、国内自社ラボ検査のみ)
Q:自宅以外にキットや鑑定書を送ってもらえますか?
A:可能です。
 ご指定のご住所へ送らせていただきます。他にも郵便局留もご利用いただけます。

※郵便局での保管期間は10日間になり、どなたからも連絡がいかないシステムになっております。 受付の際、弊社から追跡番号をお伝えしますのでご自身でお調べ頂き受け取っていただきます。その際、免許証などの身分証明書と印鑑をご持参下さい。
Q:綿棒の使用期限はありますか?
A:未開封であれば、おおよそ3ヶ月程度はお使いいただけます。
 開封後、DNA採取済み綿棒は、生体試料ですので劣化してしまう可能性もあるので、出来るだけ早くご返送下さい。
Q:キットは、どの位で届きますか?
A:クレカ決済は14:00〆切り即日発送します。(土日祝を除く通常営業日)
お振込の方は、ご入金いただいた当日の発送になります。
※14時頃までなら当日発送、14時以降であれば翌営業日の発送となります。
東京新宿から最短発送します。できるだけ早い対応を心掛けています。

通常ご注文の場合は、普通郵便と同じ扱いになります。
もしお急ぎの場合は、\700(税別)で速達扱いのレターパックライトをおすすめいたします。
Q:クレジットカードは使えますか?
A:お使いいただけます。
 ホームページ上でお申込み手続きの最後にクレジット決済画面が出てきますので、そちらでカード情報を入力していただければ大丈夫です。
お申し込みフォームはセキュリティで保護されており、お客様の記載情報は安全に保たれています。
 また、法的採取時やご来社お申し込みなど、ご来社によるクレジット決済も可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。
Q:分割払いによるクレジットカード決済は可能ですか?
A:分割払い可能なクレジットカードに対応しています。
 クレジットカードお申し込み時に、分割払い対応、支払い回数、リボ払い対応など、お客様とカード会社様の契約内容により、お支払い方法がお選びいただけます。
Q:銀行振込による入金確認・反映される時間は?
A:入金確認が敏速なネット銀行の法人口座をご用意いたしました。
 少しでも早くと言うお客様のご要望を受け、ネットバンク(ネット銀行)の法人口座をご用意いたしました。
 同一銀行間では24時間のリアルタイムの入金確認、他行であってもATMやオンラインバンキングの場合はほぼリアルタイムで入金確認が可能です。
 この事により、お客様がお振り込み後、敏速に入金確認し、素早くキットを発送させて頂くことができます。
Q:DNA鑑定は、どれくらいの時間を要しますか?
A:親子鑑定などの血縁鑑定は2~3週間をめどに作業しています。
 最新のDNA型鑑定はダイレクトPCRという検査法で行うと、早ければ1~2日で出ることもあります。
 ただし、刑事事件などの試料は、非常に微量で混合瘢痕の場合もあります。ですから、慎重に何回もの確認工程を行い検査が進められて行きます。通常、前処理・DNA抽出をキッチリ行い、一ヶ月以上掛ける場合も多いのです。
 また、現在広く用いられているSTR法は個人識別能力には長けていますが血縁者の識別能力は、決して高くありません。その為に、前処理やDNA抽出の行程は特に重要とされ慎重に行われています。
Q:法的鑑定とは、なんですか?
A:当社の自社ラボ検査の法的鑑定は、様々な法廷で証拠採用されています。
 鑑定とは、専門性の高い分野について、特別の学識経験を有する第三者に意見を求める法的手続のことをいいます。
 法的鑑定とは、訴訟等で証拠物として利用されることを念頭に「専門家である鑑定人」が作成した(正)鑑定書のことを指します。
 ですから、検査内容や結果に至った理由などが求められる裁判の法廷にも出廷します。

 実はこの証拠能力、医療でも重要とされています。証拠能力が無ければ医療の判断材料として用いることは出来ません。 当社のDNA鑑定と遺伝子診断は、医療の現場、医師の判断材料としても用いられています。

 <ご注意>
 DNA鑑定の場合、第三者仲介された海外のDNA鑑定は、刑事訴訟法320条1項で証拠として用いることを禁ずる証拠(伝聞証拠)に当たり証拠能力がありません。
 民事/家事裁判の場合、海外DNA鑑定の提出は自由ですが、判決材料に有用されることは有りません。ですから、裁判所が仲介業者に鑑定嘱託することは有りません。
Q:法的鑑定の申し込み方法は?
A:ホームページ上でお申し込み頂き、こちらからご連絡を差し上げます。
 法的鑑定は父・母・子の3名の参加をお願いしております。
立ち会い採取を行い自社内検査を行うことで、客観的資料に成り得ます。

原則、立ち会い採取になりますので、ご来社か出張にてDNA採取を行います。
被験者確認のため、顔写真付き身分証証書をご用意下さい。
詳しくはお問い合わせ下さい。
Q:髪の毛からDNA鑑定できますか?
A:条件揃わなければ、困難です。
 一般的なDNA鑑定の血族鑑定や個人識別にはSTR法を用い鑑定が実施されます。
 このSTR法には核細胞が必要です。髪の毛とは、角化変性し死滅した細胞が鱗状に重なった物で、核細胞は有りません。ですから、自然に抜け落ちた頭髪や切った髪の毛のDNA鑑定は困難です。
 ただし、頭に生えている毛髪を抜き取って得た毛根付の頭髪はDNA鑑定可能 な場合もあります。
Q:父親/母親が亡くなっている場合、親子鑑定は出来ますか?
A:亡くなった方の、体の一部が残っていれば親子鑑定可能です。
 亡くなった方の一部が無い場合は、親族・血縁者に協力して頂き、その方達のDNAを採取し血族鑑定を行うことも可能です。
 DNA型鑑定に参加できる方や血縁関係を示した略式家系図などをご用意頂き、ご相談下さい。
Q:擬父もしくは子が綿棒でDNA採取できないのですが・・?
A:他の検査試料をもちいてDNA鑑定が可能です。
 へその緒、タバコの吸殻、鼻水をかんだティッシュなどを検査試料としてDNA鑑定を行うことが出来ます。(1検体+58,000円でDNA抽出を行います)詳しくはご相談下さい。
Q:妊娠中、胎児の親子鑑定は可能でしょうか?
A:出生前、胎児の親子鑑定は、母体血・羊水採取・絨毛(CVS)採取でDNA鑑定可能です。
詳細はDNA担当までお問い合わせ下さい。
Q:中絶後の胎児の親子鑑定は可能でしょうか?
A:鑑定可能です。 (事前契約が必要です)
 術前、1週間前程度に契約を済ませて下さい。手術前にご契約頂き、弊所技術者と担当医師とで確認・手続き作業を行う必要があります。
 その後、被験者の方から指定試料と父・母の口腔内細胞試料を被験者からお預かり致します。
(※医師法の問題上、医師は試料を被験者に渡し、弊所は被験者から試料をお預かりします)
[被験者/医師/弁護士の方へ]
 術法は「吸引法」という子宮内容物を掃除機のように吸い出すバキューム方式にて採取された試料からのDNA鑑定は困難です。(詳細は問い合わせ下さい)
 D&C法と呼ばれる(拡張と掻爬)手法で絨毛膜絨毛細胞採取、胎盤もしくは羊水摘出を行いDNA型鑑定試料と致します。
(後日検査、ホルマリン固定・冷凍ともに、DNA抽出精度は著しく低下します)
 詳細はDNA担当までお問い合わせ下さい。
Q:汗や涙を拭いたハンカチからDNA採取出来ますか?
A:DNA採取、可能な場合もあります。
 汗や涙そのものにはDNAが含まれません。しかし顔をゴシゴシ擦ったハンカチは、細胞が剥離しDNA抽出できることもあります。
詳しくはご相談下さい。 
Q:尿や尿斑からDNA採取できますか?
A:DNA鑑定が可能な場合もあります。
 尿そのものにはDNAが含まれません。しかし尿が尿道や性器に触れることで細胞を拾うためDNA鑑定できることもあります。
詳しくはご相談下さい。
Q:ヒト以外のDNA鑑定は、出来ますか?
A:弊社ではヒト以外のDNA鑑定は実施しておりません。
(犬と馬のDNA型鑑定は、弊所と共同研究を行っている研究所をご紹介いたします・・お問い合わせ下さい)
 基本的な理論上はヒトと同じくDNA鑑定可能です。DNA鑑定を行うには、その生物の塩基配列や遺伝子のデータが必要になります。
 各生物の遺伝子のデータを基に、検査試薬や検出キットを選定し、分析試験法を決定します。
 残念ながら弊所には、ヒトの遺伝子データと、ヒト用の試薬や検出キットしかありません。
Q:DNA鑑定は、結果が異なることがあるの?
A:学術団体にて検証済みの検査機器とキット試薬を用いれば、結果は同じになります。
 しかし、昨今、再鑑定の結果、結果が異なる場合もあります。
 これらの理由として、悪質業者の存在があります。実際にDNAの素人である海外ブローカーと行政書士が結託し、客の要望に合わせて偽造DNA鑑定を多数作成し、事件として報道されています。
 また、読売新聞の報道では、"国民生活センターによると「業者と連絡が取れない」「同じ検体を2度送ったら異なる結果が返ってきた」といった苦情が昨年1月までに365件寄せられ、その後も相次いでいるという。"
 さらに、粗悪な中国などの検査を隠し、自社検査のように偽装表記している他社鑑定書もあり、後日トラブルになるケースもあるようです。
 これらの理由からDNA鑑定の結果が異なることもあるようですので、注意が必要です。
Q:鑑定終了後、個人の情報はどう扱われますか?
A:厳密な管理のもとで扱われ、鑑定終了後、全て消去/滅却しています。
 登録情報は自動的に消去されます。
 弊社では、ご報告が完結した後、半年を目処にお客様の個人情報はデータベースから自動的に完全消去されます。



Amazon

採用情報

DNA JAPAN

検査・費用の一覧

DNA鑑定

依頼のしかた

特殊な検査

遺伝子検査

無料!ご相談・お問い合わせ

    無料!ご相談-DNA鑑定と遺伝子検査のDNA JAPAN

ヘルプ

DNA講座

弁護士様向けDNA講座

法人/企業様向けDNA講座

個人様向けDNA講座

ガイドライン

私たちDNA JAPAN INC,では、日本法医学会指針、日本DNA多型学会指針、
              経業省遺伝情報カイドラインを遵<守し、厳格な品質管理、個人情報管理のもと、検査を実施しております