産科の取り違えとDNA鑑定


 父子関係が否定される要因の一つとして産科での取り違えということがあります。実際に、ニュースで報道されたのも記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

産科の取り違えとDNA鑑定

弁護士ドットコムニュースより
https://www.bengo4.com/other/1146/1307/n_819/

 話題の映画『そして父になる』が描いた「赤ちゃん取り違え」 現実世界で起きたら?

一部抜粋

 過去の裁判では主に「病院側の責任」が争点となった

 赤ちゃん取り違え事件における過去の裁判は、主に「病院側の責任」が争点となったものだったようだ。福谷弁護士はこう切り出した。 「映画のように、病院側のミスで赤ちゃんの取り違えが起きてしまった場合には、親子とも病院に対して損害賠償の請求ができます。 わが子を育てる権利、実親に育ててもらう権利を侵害され、さらに、取り違えが判明した時点で、それまで作り上げてきた関係を根底から覆されることになる親子の精神的苦痛は、金銭に換算できないほど大きいものと言えます」

 取り違えから数十年経過した後に損害賠償請求が認められたケースも
確かに取り違えは、親だけでなく子ども自身にも、取り返しの付かないほど大きな影響を与えることになるだろう。裁判で病院側の責任が認められたケースはあったのだろうか。 「過去には『母親が取り違えに気づくべきであった』とする病院側の主張を退け、慰謝料などを支払うよう命じた判決があります。 また出生後、数十年経過した後に取り違えが判明した子ども自身が、病院に損害賠償を請求した裁判で、病院側の時効主張が退けられ、請求が認められた判決もありました」 数十年とは……それを知った時の本人や関係者の衝撃は、計り知れないものがあるだろう。

 過去には子どもを「交換」したケースが多く存在したが…… こうした親子たちのその後は、どうなるのだろうか。福谷弁護士はこう説明する。 「昭和30年代~40年代にかけて起きた取り違え事件では、取り違えが判明した時点で子を『交換する』ケースが多かったようです」 それでは例えば、取り違えが証明され、戸籍を変更する場合はどうすればいいのだろうか。 「戸籍を変更する際には、単に役所に届け出るだけでは済まず、親子関係が存在しないことを家庭裁判所において確認してもらう『親子関係不存在確認』などの法的手続きが必要となるでしょう」

 ただし……、たとえ損害賠償請求が認められ、戸籍の訂正ができたとしても、本人たちが納得できるかどうかは別問題だ。 福谷弁護士も「仮に取り違えが法的に『解決』されたとしても、失われた時間を取り戻すことはできず、親子とも非常に苦しい思いをすることが多いようです」と話していた。

(弁護士ドットコムニュース)

 当社も撮影協力しました福山雅治さん主演の『そして父になる Like Father,Like Son』は産院での取り違えが判明し、 DNA鑑定で親子関係が確定、その後の過ごし方、葛藤を描いた映画です。

 いわゆるベビーブームの頃は、このニュースのような取り違え事故があったようです。 やはり、こちらもお父様の遺髪と長男のタバコの吸い殻から親子の鑑定を実施し確証を得たようです。

 もちろん、産科での取り違えによる親子関係の不存在は、全体の数パーセントにも満たない話だと思います。

 ただ、少しでも『もしかしたら…』と思う方は、不安な気持ちをなくすためにもDNA鑑定で『やっぱり大丈夫だったわ』と不安から安心に変わるお手伝いが当社なら対応できます!

 どうぞ、一度ご相談下さい。

お気軽に、お問い合わせ下さい



Amazon

採用情報

DNA JAPAN

検査・費用の一覧

DNA鑑定

特殊なDNA鑑定

依頼のしかた

当社の案内

無料!ご相談・お問い合わせ

    無料!ご相談-DNA鑑定と遺伝子検査のDNA JAPAN

ガイドライン

私たちDNA JAPAN INC,では、日本法医学会指針、日本DNA多型学会指針、
              経業省遺伝情報カイドラインを遵<守し、厳格な品質管理、個人情報管理のもと、検査を実施しております

DNA講座